未設定

何度も聞かれるので何度も答えますが、エクセルのセル内改行はAlt+Enterです。空白たくさん入力して改行したように見せかけてる方、今すぐにやめてください。改行をなくしたい場合はCtrl+Hで置換を起動→「検索する文字列」欄でCtrl+Jを押して置換えするかCLEAN関数で。

— Twitter / sugoi_kaizen: 何度も聞かれるので何度も答えますが、エクセルのセル内改行はA … (via otsune)

——— そもそも、鉛筆ってどうして6角形が多いんですか?

「鉛筆を持つ時、親指と人差し指の中指の3本の指で挟みますよね。だから3の倍数の角を持つ軸だと力がかけられやすく、持つのが楽なんです。
そのなかで3角形でなく6角形の鉛筆が多い理由は、鉛筆削り器にあります。鉛筆削り器は角が丸に近いほど回しやすいので。」

——— なるほど、道理で手に馴染むんですね。あれ?では色鉛筆はどうして丸いんでしょう。

「色鉛筆は、芯の材料にワックスが入っているから、焼いて油に漬けることができない。だから普通の黒鉛筆より脆くなってしまうため、力を均等に分散できるよう丸軸なんです。
鉛筆削り器も色鉛筆用って分かれていますよね?あれも色鉛筆が脆いから、折れないよう黒鉛筆より削る角度を鈍角にしてあります。商品が削った状態で販売されているのも同じ理由から。先に削っておいて、使う方が削る際に角度の目安にしてもらうためでもあるんです。」

— 地球のココロ - 鉛筆工場見学記、こうして『大人の鉛筆』は作られた (via kogumarecord)

shinjihi:

もし、歴史上の出来事のお知らせなんかがあったら?その2(笑)
①小野妹子壮行会のお知らせ 厩戸皇子
②刀狩令 
③豊臣秀吉の太閤検地
④関ヶ原の戦い
⑤赤穂浪士の吉良家討ち入り

学ぶ人は、自分が変わる事が目標であり、誰が正しいとか正しくないとか、上とか下とか好きとか嫌いとか関係なく、学んだかどうかに貪欲にフォーカスしている。学ばない人は、批判を通じて自分が他人より優れていると主張し、「そうですね」と共感してくれる人を集める事に貪欲にフォーカスしている。

— 学ぶ人 - 愛の日記 @ ボストン (via goffaexe)

 今からおよそ200年前、世界最大の都市といわれた江戸の町で、互いに気持ちよく暮らすために生まれた「江戸しぐさ」は、言葉遣いをとても大事にしていました。もともとが商人のしぐさなので、どんな身分の方にも失礼がなく快い言葉遣いを大切にしています。感情を逆なでするような言葉遣いは、心を乱し、いじめや争いごとをまねくため、やってはいけないしぐさとされていたのです。

 江戸しぐさは生活哲学。その会話術も、今の時代に通用するものばかりです。

■戸閉め言葉

 「でも」「だって」「しかし」「べつに」「そうは言っても」などと否定して、人の話を途中で遮ったり無視するような言葉で相手をシャットアウトしてしまうことから「戸閉め言葉」といいます。

 人の話を最後まで聞かないことは失礼にあたり、謙虚さを大事にする江戸しぐさでは、自己中心的な人とみなされたそうです。

 また、自分の話を聞いてくれない人を本能的に避けてしまうため、「戸締め言葉」は相手の言葉を受け入れないばかりか、相手の心を閉ざしてしまう言葉なのです。

■水かけ言葉

 人が気持ちよく話をしているのに、「それがどうした?」と冷や水をかけるような冷たい言葉や、「そんなこと知ってるよ」と小馬鹿にしたり、けなすような言葉を「水かけ言葉」といいます。

 誰とも付き合わずに暮らしていくことはできませんから、話の腰を折り、人間関係を壊すようなことは慎むべきで、たとえ自分とは縁遠い話題であっても、その場の雰囲気を壊さず聞いているのが、江戸の人々の心得とされていました。

■刺し言葉

 「刺し言葉」とは、「だから?」「はーっ?」など、会話を断ち切ってしまうような言い方で人の感情を逆なでしたり、とげとげしい言葉遣いのことで、「胸刺し言葉」ともいいます。こうした言葉が出てくると、会話を続けたいという気持ちもうせてしまうでしょう。

 また、「あなたが悪い!」「どうせ他人」のような、反論の余地もないような断定的な言い方も「刺し言葉」とされ、その場の雰囲気だけではなく、人間関係も壊しかねません。

■手斧言葉

 手斧(ちょうな)とは、木材を粗削りするための斧のこと。「うるさい」「馬鹿野郎」「殴る」「殺す」といった乱暴な言葉遣いを「手斧言葉」といい、言ってはならない言葉の凶器とされていました。

 ただし、江戸の人たちは、そんな乱暴な返答をされるようなことを自分がしたから、そのつけがまわって来たんだととらえ、「手斧言葉」は言われたほうにも非があると考えていたそうです。

— 「江戸しぐさ」に学ぶ、嫌われる言葉遣い (via key0901)

「話が面白くない人」に欠けてる能力って「面白い情報を仕入れてくる収集力」や「それを編集して面白く語る能力」だと思われがちだけど、そうでなく「相手が何を面白いと思うかの予想力」や「話題に興味ないと思ってるのを察知する観察力」、「素早く別の話題に切り替える展開力」のことだと思う。

— Twitter / tarareba722 (via yellowblog)

Older →